パパイヤ光太郎=プロフィール=

パパイヤ光太郎

Author:パパイヤ光太郎
FC2ブログへようこそ!

ご来客数

メール

リンク

広告エリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

ユーザータグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座間味島で相思樹(ソウシジュ)の花が満開になりました。

座間味
うりずんです。

 座間味島の至る所で相思樹(ソウシジュ)の花が満開になっています。
最近において見事に満開して山々を色づかせています。


 ソウシジュは明治の35年台湾より導入して沖縄県においては街路樹や学校校庭内に植栽してきました。
今では沖縄の各地域で良く見られます。

 見事に咲いたのですが台風2号で全部散ってしまいました。残念

写真は座間味島の古座間味地区の道路沿いに咲いていたソウシジュです。
ソウシュジュ (1)

 沖縄名/ソーシギ,ショーシギー
 マメ科の高木・広葉・常緑樹。高さ10mに達する。フィリピン・台湾の原産。沖縄には明治の末ごろに台湾から導入されました。

 葉は葉柄が変化した仮葉で,本当の葉はネムノキのような羽状複葉で,発芽したばかりの苗や,若枝に時折みられます。

 この仮葉は互生につき按針形,長さ6~10cm, 幅5~8mm。花は球形の頭花で黄色,4~5月に開花します。

 花弁がなく,多くのオシベが球形に群がり立って咲く。莢果は7~8月に褐色に熟し,長さ5~15cm, 幅1~1.5cm, 中に3~10粒の種子があり,裂開して散布する。種子は楕円形,黒褐色,長さ5~6mm程度です。

ソウシュジュ





スポンサーサイト

私達、船頭殿一族の皆様に報告です。

座間味
うりずんです。

   私達一族会を開催しました。
 
 私達家系は琉球が中国と貿易を行っていた時代の進貢船の船長として座間味島において名声をたてました。
明治の時代に入る前までを船頭をやってきたことから、屋号が船頭殿(センドウロン)というように呼ばれてきました。

 今回、私の長女姉が古希になったことから、一族が沖縄県那覇市にある沖縄県市町村自治会館ホールにおいて午後3時より、古希を祝うために船頭殿(センドウロン)一族会での祝賀会となり、久々の顔合わせに賑わいをみせました。

 お姉さんは旦那さんが学校教職員で退職後直ぐ亡くなり一時は悲しい辛い思いもしましたが、それでも子宝に恵まれて、そして孫も出来、今では楽しく暮らしています。又、地域活動も積極的に行い、うるま市民より、大変に親しまられているとのことだ。

 私も今年5月24日で満63才になりまし。老人になるのが早いですね。でも若いものには負けません。
皆さん今後ともよろしくお願いします。

写真は右より鹿児島県に住む長男の神田英義、千砂子、順子お姉様、早菜、亘平、雅人、の6人です。でも会場には来ていたのですが撮影時には拓海がいなくて入っていません。
1順子古希

 又、東京より鈴木家の親子4人も参加しました。鈴木健太郎(左より2番目)翔子(右となり)の2人も今年入籍しその祝賀会も行われました。
2鈴木家

祝賀会で沖縄の踊り「かぎやで風節」を祝賀の舞が行われました。真ん中の方は眠って踊っています。実は私の奥さんです。
3順子古希

会場では大変盛りあがりました。私の次男も沖縄の三味線も披露されて皆さんビックリしていました。何時の間に三味線が引けるようなったのか感心していました。
 4順子古希


 

 

 

座間味村よりハイサイ。

座間味
うりずんです。

座間味村よりハイサイです。
  
  高嶺中学校三年生(14歳)
  女子キャプテン
      上原みちる(写真左)

座間味中学校二年生(13歳)
座間味中学校キャプテン   
      竹島 伸(写真右)

竹島伸君「小学校高学年生の時のミニバスケット大会が忘れられなくて仲間を集めてバスケットチームが発足出来て本当にうれしい、又、高嶺中学の女子のチームとも練習試合が出来てラッキー」

 上原みちるさん「座間味村には始めてきました。自然が本当に素晴らしいですね。離島での合宿も始めてで、又、来たいですね。次回での島尻大会には是非参加して交流を更に深めたいものです。」 と語りました。

 この交流合宿は両校の父母会の皆さんが話し合いして決定したもので今後とも続けるとのことでした。

両チームともスピードの速い試合展開をしていました。   あっぱれでした。
伸・みちるさん


糸満市立高嶺中学校の女子バスケットチームが合宿を行いました。

座間味
うりずんです。

 糸満市立高嶺中学校(屋比久守校長)女子バスケットチーム、17人が29日午前12時に定期船のフェリーざまみで座間味島に合宿のため来村しました。

 一行は外部コーチの神谷孝さん他、父母会や人も同伴して、座間味村教育委員会施設の座間味村児童交流センターにおいて二泊の合宿となりました。

 又、座間味村立座間味中学校(濱元朝純校長)では2年前まではバスケットクラブはあったが生徒数の減少により、クラブ活動を中止にしていました。

 バスケットが大好きな生徒達が先生方や地域の父母達にお願いして去った4月27日に再結成して活動を始めたばっかしでした。

 そのことから合宿も一緒に行い練習試合などと親睦交流も行われて、バスケット球技島尻大会の参加を約束して意義深いものになりました。

両中学校バスケットチームの集合写真です。
バスケット球技

大型連休突入しました。

座間味
うりずんです。

 大型連休に突入した座間味村29日の初日の定期船フェリーざまみと高速船のクイーンざまみは増便して観光客の対応を図ろうとしているが例年にない予約状況がなくて関係者達は悩やませています。

 フェリーざまみは29日、1日、3日、5日は2便に、クイーンざまみはゴールデンウイーク中は3便に増便して運行を計画している。

 初日はまあまあの来客ぶりだが5月に入ってから予約が少ない状況だ、それでも連休に入る前より、座間味村入りしている観光客もいて座間味区の集落内は賑わいを見せています。

役場船舶関係の職員はまだまだ空席があるので早めに予約をして座間味村におこし頂きたいと語っていた。

30日の一便の高速船クイーンざまみです。DSCF1122.jpg

| ホーム |


人気ブログ

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。