パパイヤ光太郎=プロフィール=

パパイヤ光太郎

Author:パパイヤ光太郎
FC2ブログへようこそ!

ご来客数

メール

リンク

広告エリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

ユーザータグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境省のボートが座間味村に来ました。

座間味
うりずんです。

 慶良間諸島が3月5日に国立公園に指定されて座間味村に自然保護官が配置されたことから島において植物や動物などの観察や環境関係の調査を実施するために環境省より慶良間諸島保護官事務所に小型ボートが配置されました。

 これは5月9日の午後1時に座間味村の座間味港入りして座間味の住民20人程が迎えて歓迎のセレモニーが行われました。

 岸秀蔵慶良間自然保護官は「慶良間諸島は島々が沢山あることからボートの必要性は強く感じていました。週に一度は各島々を絶えず観察調査を行います」と述べました。

 ボートは船籍港を座間味港として拠点を置き、これからの調査を行うとのことでした。 

ボートのル・コライユ号です。
小ル・コライユ


 
スポンサーサイト

座間味島に球難所が開設されました。

座間味
うりずんです。

 座間味村においてケラマブルー球難所開設式(宮里祐司所長)が15日午後1時30分より宮里所長、所有の事務所前において琉球水難救済会の比嘉榮仁会長と他職員と宮里哲座間味村長他関係者の方達30人が参加する中開催されました。

 座間味村において水難救済所は座間味村漁協組合が救済所として指定されて水難活動を行ってきたましたが、座間味村はマリンレジャーが盛んなことからマリン事業者達からのマリン部門の球難所が必要と以前から要求されていたこともあって。今回、慶良間諸島が国立公園に指定されたこともあってこの度の開所式となりました。

 比嘉会長は席上「座間味村が国立公園に指定されたことは大変めでたいことです。世界一安全な海洋レジャーの島として頑張ってください」と述べました。

 宮里所長は「座間味村内のマリン事業者達の呼びかけでこの度の発足と開所となりました。座間味村の自然は世界に誇れる素晴らしいものがあります。絆を結びながらお互いが頑張りましょう」と語りました。

水難所の看板を譲渡している比嘉会長と受け取る宮里所長です。

1小 水難所
  

座間味村よりハイタイです。

座間味
うりずんです。

 座間味村よりハイタイです。
   座間味中学校三年生   田中伶佳さん
 
 授業の一環として行われた追い込み漁が座間味島青年団の協力で座間味中学校生徒達に22人に指導して座間味島海域で19日行われました。

 追い込み漁わずかの時間でアオブダイや数多くの魚が獲れ、生徒達、全員が大満足でした。

 田中さん初めての経験で「私は今年度中学校三年生でこの追い込み漁を皮切りに高校への進学のための受験勉強も頑張ります。そして悔いのない中学生活を過します。」と語りました。

 学校給食センター内で生徒及び教諭・追い込み漁を指導した。青年団も交えて獲ってきた魚を刺身や煮つけでの食事会となりました。

    田中伶佳さん中学3年生を代表してしっかりと挨拶をしました。
小田中冷佳ハイタイ

座間味中学校では追い込み漁が行われました。

座間味
うりずんです。

 座間味中学校(藪周二校長)では22人の中学校生徒達全員で「追い込み漁」の学習会を地域の人達と座間味島青年団の協力の元、16日より、追い込み漁の実践日、20日まで行ってきました。

 13日の初日目は島で追い込み漁をやってきた島人より座間味村の漁の歴史やその方法論を講和としてイビノメー(海の神様を祭ってるお宮)の前で行われました。

 イビノメーの海との関わり方やその歴史などが講和されて拝み方なども指導されました。16日はウエットスーツの着用方法やシュノーリング練習、フォメーション確認なども行い、19日は男子生徒たちは座間味島青年団の指導の元、追い込み漁の訓練と、女子生徒たちは魚の調理方法などの指導を受けました。

 又、その後、全員でイビノメーの周辺やお宮の中の清掃も行い前日の本番の「追い込み漁」に備えました。
 
 20日の追い込み漁、昔より行われてきた出漁前のイビノメーの拝みも午前10時に行い「追い込み漁」はアオブダイや各種の魚が、わずかな時間で沢山獲れ、これを早速、港内において料理して午後3時には給食センター内で試食会となりました。

 殆どの生徒達が初めて追い込み漁を体験して「最高な思い出になりましたと」全員が語りました。
 
  追い込みを始める前で船上で意気込みをあげました。
小追い込み漁

        

今年度より新教育長がきまりました。

座間味
うりずんです。

 座間味村教育委員会は3月28日中村光男氏を教育長に選出しました。

任期は2017年3月31日までとなっています。

 中村教育長は座間味村の慶留間島の出身で同島よりの教育長は始めてで、「私の就任と慶良間諸島が国立公園に指定されたのは偶然にしても大変意義深いものがあります。

 島の素晴らしい自然を生かした教育、島の良さを発見して島を誇りに思い島を愛する子供達を育てたい」と豊富を語りました。

 中村教育長は昭和25年生まれ琉球大学を卒業後、伊平屋村の野甫小学校より着任して南城市の馬天小学校校長を最後に退職しました。 

 私(宮里芳和) も座間味村青少年健全育成会議会長も、おおせつかっていますので、共に座間味村の教育行政に頑張っていきます。皆さん座間味村を支援してくださるようお願いします。

   中村光男新教育長です。
小中村光男

座間味村でアブシバレー神行事がありました。

座間味
うりずんです。

 座間味村においてアブシバレー行事による村民の無病息災と農作物を食いつぶす害虫などがいなくなるようにとお祈の儀式が17日の午前10時より、座間味区の130メートルの山頂にあるフトキノメーという神様が祭られている場所で座間味区・阿真区・阿佐区の区長と神人(カミンチュ)3人と関係者9人の合計15人が参加して行われました。

 毎年新暦のこの日に行われて古い時代より引き継がれてきたアブシバレー行事。

 山頂での拝みは役2時間ほどかかり、その後。3ヶ字区に分かれて集落内にある拝所にもお祈りを捧げました。

 潮の満潮の時間に合わせて海浜で更に害虫が撲滅しますようにと遥か彼方の海に向かってお祈りしてお払いの儀式のオモロを神人(カミンチュ)達が歌たいました。

その後、ダンボールで製作した小船に害虫のカタツムリを乗せてボートで沖合いまで行き放流した。

 以前は木で製作して流したのですが海を汚してはいけないとのことでダンボールで船をつくり害虫を乗せて流したのでした。

 ダンボールだと自然と海水の中で消えてしまうので私が座間味区長をしてから変えました。

 今年もどうか座間味村の神々よ豊年満作・大漁祈願・航海安全・家内安全そしと村民 の絆が深まることをお祈りします。

  座間味の海浜でお払いの儀式を行っている座間味区の神人達です。
DSCN4981.jpg

座間味村よりハイタイです。

座間味
うりずんです。

  座間味村よりハイタイです。
  介護福祉士
   高良露菜さん
 
 那覇市内にある特別養護老人ホーム、那覇偕生園勤務の高良露菜さんは座間味村にある座間味偕生園に14日間の日程で地域に密着したケアを経験することで介護専門職としての考え方や行動などを身に付けて、派遣後、自施設における改善を図ることを目的として派遣されて来ました。

 派遣は社会福祉法人沖縄偕生会那覇偕生園の高良さんが第一回目で、その後、沖縄偕生園、首里偕生園と交互に  22人の介護福祉士が来年の3月まで、座間味村で研修を受けます。

 高良さん「座間味偕生園は地域密着型サービスは本当に素晴らしいですね。又、私は伊是名村出身ですので故郷に帰ってきた感じです」と語たりました。

      高良露菜さんです。
高良露菜

| ホーム |


人気ブログ

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。