パパイヤ光太郎=プロフィール=

パパイヤ光太郎

Author:パパイヤ光太郎
FC2ブログへようこそ!

ご来客数

メール

リンク

広告エリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

ユーザータグ

座間味村慶留間小中学校でハンドボールの実践練習がありました。

座間味
うりずんです。

 慶留間小中学校(玉城典男校長)では25日ハンドボール実業界の琉球コラソンチームを招聘して慶留間小中学校生徒達にハンドボールの取り組みについて実習と練習の指導が行われました。

 琉球コラソンからは選手の名嘉真吾さんと内山藤将さんマネージャーの瀬川達彦さんの3名が慶留間小中学校入りし体育館においてハンドポールの知識と練習方法について指導に入りました。

 児童生徒達はテレビでハンドホールの試合を見たことはあるがボールに触れたり試合に参加したことはまったくの初めての体験で大変な興味を示しました。

 練習の参加は小学校1年生から中学3年生の12人の全員が元気よく参加しました。      

 琉球コラソンチームはスポーツツーリズム戦略推進事業と位置づけて沖縄県にある離島市町村の学校を周ってきました。

 今回の同校の訪れは9回目で沖縄県には離島が14島あることから、まだ周る予定とのことでした。

 慶留間小中学校の児童生徒達12名が一生件名頑張っていました。
琉球コラソンチーム
 

座間味

座間味
うりずんです。

 座間味村よりハイサイです。
   座間味村立慶留間小学校 1年生
    上原遼也君(6歳)

慶留間小中学校の運動会においてエイサーを演じた。上原君見事な太鼓捌きに会場より盛大な拍手が沸き起こりました。

 又、後日行われた琉球コラソンの選手達より指導のハンドボールも元気よく指導を受けて選手達は大変関心していました。

 祖母が慶留間小中学校に用務教諭として勤務していることから、今年度より糸満市西崎に住んでいたが二年生の兄弟二人で慶留間小学校にきたとのことです。

 一年生として慶留間小学校に入学した上原君「僕は慶留間小学校に入学して大変良かった皆と仲良くできるので上等な慶留間島です」と元気よく語りました。

 上原遼也君ですハンドボールの指導時の写真です。
 上等・上等としゃべった言葉は私にとって大変感動しました。上原遼也くん慶留間小中学校で頑張れ。
上原

座間味村慶留間小中学校よりハイタイです。

座間味
うりずんです。

 座間味村よりハイタイです。
    慶留間中学校2年生
     糸嶺春華さん(13歳)

 第29回少年の主張島尻地区大会において座間味村の代表として出場参加した糸嶺さん。

 9月11日南風原町中央公民館で午後2時より開催され、堂々の発表振りで村の関係者達より喜ばれました。

 発表内容は沖縄の言葉を「島クウトゥバ」と題しての発表。沖縄の言葉には心がある「島クウトゥバ」を使うことによりお互いの絆が保たれる。これからも時たま「島クウトゥバ」を使うようにします。

 今回は入賞でしたが来年はテーマをしっかりと決めて、又、座間味村代表として地区大会にもう一度参加して上位を目指して県大会に参加したいと語りました。

DSCN5562.jpg

座間味村立慶留間小中学校で運動会がふりました。

座間味
うりずんです。

 慶留間小中学校(玉城典男校長)では13日、運動会が午前10時45分より「一致団結パワー全開 太陽よりもあつくなれ」をテーマに参加者、約3百人が参加して賑やかに開催されました。

 日頃は島の人口は60人程で児童生徒達は12人、この日は同校を卒業した生徒達や郷友会、又、同校を転勤した教師達とその子ども達が島に帰省して運動会はいつにもない賑わいを見せました。

今年度は東京都より留学生度を仕組み4人の中学生が同校に在籍していて、そのことから東京より大勢の親族も参加して行われました。

 又、村内には小中学校が二校あるが、その二校の児童生徒達も参加して競技も行われました。

 演技として終盤に行われた児童生徒と職員達のエイサーも圧巻で会場より盛大な拍手も沸きました。

 又、昼休み時間を利用して同校出身で那覇在住の中村金三氏が母校の何かに役立ててほしいとのことで多額の寄付金が贈られました。中村さんは長年に渡り教職員に携わってきて校長職で退官しました。

  エイサーを演じる慶留間小中学校生とその職員達です。
慶留間小中学校運動会

座間味村よりハイサイです。

座間味
うりずんです。

 座間味村よりハイサイです。
嘉手納町立嘉手納小学校
5年生 石川孝汰君
 
沖縄県の事業で離島体験交流促進事業で座間味村いりしました。

 嘉手納町立嘉手納小学校5年生一行の101名が座間味村入りして離島座間味村の文化や離島の重要性などと自然体験学習などに触れました。

 その中の石川君。座間味村は初めてきました自然景観も大変すばらしくて感動しました。

 スノーケリングで座間味の海を観て観察したらサンゴやナマコなど各種の海洋生物にもビックリしました。

 座間味村での学習会は大変な成果を得ました。この素晴らしい座間味村は今度は家族で必ず訪れたいと考えています。

    元気よく明るく語ってくれました。   石川君。又、来てください
DSCF0280.jpg

嘉手納小学校5年の生皆さんが座間味村に来ました。

座間味
うりずんです。

 平成26年度沖縄県離島体験交流促進事業として、嘉手納町立嘉手納小学校(島袋和徳校長)では定期船フエリーざまみで3日午後12時に5年生全員の児童達101人と引率の教諭6人の合計107人が離島である座間味島入りしました。

 離島の重要性や特殊性を理解して総合的な学習に役立てることを目的に自然体験学習や地域の村人達から島について学ひ体験しました。

 体験学習の初日目は座間味島の名所でもある高月山展望台に登山して展望台より慶良間諸島国立公園の素晴らしさに感銘していました。

 その後、島の文化に触れました。
 又、島内にいるお年寄り達と触れあいも行いました。

 島の話を聞きながら写真撮影なども行われてその日の座間味島は賑わいを見せました。   
 
  一行は2泊3日の日程で海洋体験学習や野鳥観察体験や自然保護活動などの学習を全員が楽しく実施しました。

 3日目は昨日まで実施した学習の成果を各グループ事で壁新聞による成果をまとめて児童生徒達と島の関係する人達が参加する中発表されました。

 一行は午後の3時出航のフェリーざまみで帰途につきました。
            
DSCF0278.jpg

 壁新聞を作成して座間味村の感想をのべました。
DSCF0275.jpg
  

座間味村よりハイサイです。

座間味
うりずんです。

座間味村よりハイサイです。
座間味村字座間味97番地
宮平信一さん(87歳)
 
本年度で米寿を迎える宮平さん31日座間味村離島振興総合センターで村民が大勢参加するなか午後一時より盛大に祝賀会が開催されました。

 激動の年に座間味村で生まれ育って激戦であった座間味村での戦争にも参加して終戦を迎えました。

 戦後、カツオ船の船長免許を取得して座間味村の産業に貢献してきました。

 昭和31年座間味村の定期船の船長として昭和63年まで無事故で定期船の安全航海に勤めてきました。

 定年後、すぐに小型船を購入しダイビング業の案内に勤めてきました。

 今では子供達や孫達にすべてを任せて健康保持のために時々畑で野菜作りをしています。

 ピーマンを良く作付けしますがピーマンはたべません(笑い)

奥さんを早い時に亡くしまして、大変苦労もあった事でしょう。まだまだ元気で頑張っています。
長生きしてください。

 船長のときの船長帽子をかぶり敬礼です。カッコいいですね。
DSCF0254.jpg
DSCF0248.jpg

| ホーム |


人気ブログ

 BLOG TOP  » NEXT PAGE