パパイヤ光太郎=プロフィール=

パパイヤ光太郎

Author:パパイヤ光太郎
FC2ブログへようこそ!

ご来客数

メール

リンク

広告エリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

ユーザータグ

座間味村で大運動会がありました。

座間味
うりずんです。

 「3つの島の絆をひとつに」をテーマに、第35回座間味村大運動会(大会長・宮里哲村長)が10月25日午前9時より、座間味村立阿嘉幼小中学校グラウンドにおいて盛大に開催されました。

 座間味村は有人島が3島あることから日ごろ顔を合わすことがないだけに、年に一度の運動会は各島の村民の交流を深める場になっています。

 村人口が9百人に対して約4百人が参加して大いに盛り上がりを見せました。

 昨年度までの運動会は座間味村は5箇字区からなっていて字対抗の試合となっていましが今年度は急激な観光客の増員で座間味島から阿嘉島への移動が困難になったことから参加者が約二百人近く少なくなったことから三島の対抗試合となりました。

 座間味島の三ヶ字区は座間味島連合チームとなり阿嘉島と慶留間島と島毎の対抗試合の展開なりました。

 それでも運動会は幼児からお年寄りまでを対象にした種目が盛りだくさんあり、盛んな声援が飛びました。

 その中でも座間味村は各有人島に村立の幼小中学校が三校あるが、各校の得意とする演技を持ち回り披露することになっていて、今年度は慶留間小中学校の番となり、全児童生徒がエイサー演技に望み一糸乱れず圧巻で会場から盛大な歓声が沸き起こりました。

 又、各島毎対抗の綱引きは応援合戦にも熱が入り、運動会が一気に盛り上がりました。 

   綱引き対抗は慶留間島チームが優勝しました。    最高でした。
小綱引きです
       

オオジョロウグモが私の事務所の敷地に巣を作っています。

座間味
うりずんです。

 私の座間味区事務所の敷地内に昆虫の15センチもあるオオジョロウグモの雌が1匹、円網を作り住んでいるのが確認できました。

 その側には小さな雄のクモも共生している。

 クモの巣が確認できたのは17日で丁度確認できた時はオオバチが円網に引っかかっている時でした。

 円網は約二メートル程あり、かなり大きいものです。

 最近においては座間味村内での発見は少なかったが発見は極めて珍しいものです。

 地域の子供達がそのことを知り学校の終了してから観察によく訪れます。  

   オオバチを食わえたオオジョロウグモです。小オオジョロウグモ

座間味村よりハイタイです。

座間味村

うりずんです。

 座間味村よりハイタイです。
学校法人 興南中学校
  1年生(13歳)
萩田明日香さん
  沖縄県立那覇国際高等学校
1年生(16歳)
萩田絵里奈さん
  学校法人 興南中学校
  1年生(13歳)
金城のぞみさん

JTBの「地域を元気に、人を笑顔に」とキャッフレーズで座間味村いりした三人は同 萩田さんは兄弟で金城のぞみさんと萩田明日香さんは同級生三人は座間味村に来たのは初めてとのことでした。

 「座間味村の海と砂浜の海岸はとても素晴らしい国定公園に指定されたのも理解できます。」萩田さん兄弟はお父さんの仕事関係で転勤で那覇市に2年前から住んでいます。

 「沖縄県は良いところです。特に座間味村は最高」金城さん「私も座間味島は初めてで海も自然環境も大変素晴らしいですね。又、来たいです」と笑顔で語りました。

  座間味村の古座間味ビーチを清掃した3人でした。
  右より金城のぞみさん。真ん中 萩田絵里奈さん。左 萩田明日香さん
小萩田明日香・絵里奈・金城のぞみ

座間味島の古座間味ビーチの清掃がありました。

座間味
うりずんです。

 JTB(ジェイティービー)では「地域を元気に、人を笑顔」をキャッフレーズに日本各地域を持ち回りして環境活動を行ってきました。

 今回は慶良間諸島゛国立公園指定記念゛海岸清掃とノルディックウオーキング体験を実施するために沖縄県内の人達を募集して19日午前9時50分入港の定期高速船クィーンざまみで30人が訪れました。

 一行は座間味島内にある古座間味ビーチ海岸で早速、清掃作業を実施したゴミは島外より海流によって漂着したゴミが主で外国よりの漂着物もかなりあった。

 約1時間程清掃作業を実施して午後よりノルディックウオーキングとグラスボートに乗り座間味海域の海中を観察して巡り、参加者達は綺麗なサンゴ礁を見て凄い凄いの連発が出て感動していました。

  一行は日帰りコースの旅でしたが「大変な思い出になりました」それぞれの方達が喜びの笑顔になっていました。

 その後、午後4時20分の定期高速船で那覇市に帰路につきました。

ゴミ拾った後で全員での集合写真です。小JTB

      

座間味村よりハイタイです。

座間味
うりずんです。

 座間味村よりハイタイです。
座間味村字座間味88番地
   浜田サチ子さん

民宿経営を行ってきた浜田さん早いうちに旦那が他界してその分苦労もかなりあったと言う。

 今では娘にすべてを任して島の人々といろいろな付き合いをしてきた。

 分析能力もかなり持ち備えていて島の人達より信頼は強いものがある特に神様に関する相談が多いことから毎日ように自宅には相談者が多い。

 「私は若い時には体があんまり良くなくていつも身体について考えていました。

 その集中力が私の体に健康的な異変が生じていろいろな考え方が伝わってきました。そのことから今では人々が良く相談に来ます」と明るく語った。

   座間味村よりハイタイです。(琉球新報社 掲載用)
  座間味村字座間味八八番地
    浜田サチ子さん

 糸満市真栄里より座間味村に嫁いできた浜田さん。

 民宿経営を行ってきた早いうちに旦那が他界してその分、苦労もかなりあったと言う。今では娘にすべてを任して島の人々といろいろな付き合いをしてきた。

 毎年開催される故郷、真栄里の大綱引きは旧暦の8月16日に盛大に行われる。毎年大綱引き行事には座間味島の友達を何名か誘って参加している。

 今回も2人を連れてやってきた。「どうだ真栄里は最高でしょう。住民達が子供から年寄りまで全員が参加して絆がしっかり結ばれているのよ」と楽しそうに語った
   
      座間味村通信員
   宮里芳和

      浜田サチ子さんです。
DSCN5523.jpg

座間味村よりハイタイです。

座間味
うりずんです。

 座間味村よりハイタイです。
豊見城市立豊見城小学校
五年生 大田姫奈子さん
 
沖縄県の事業で離島体験交流促進事業で座間味村いりした。豊見城市立豊見城小学校5年生一行の82人が座間味村入りして離島座間味村の文化や離島の重要性などと自然体験学習などに触れました。

 その中の大田さん「座間味村は自然が素晴らしいですね。又、人々達も大変やさしくて座間味が好きになりました。記念木にフクギの木を植えました。

 大人になってからフクギの木との出会いが楽しみです。今の考えている自分と大人になってからの見方がどう違うのか楽しみです。必ず座間味村にきます。その時には何かをお返します。」と語りました

 大田姫奈子さんです。
DSCF0300.jpg

座間味村に豊見城小学校5年生の皆さんがきました。

座間味
うりずんです。

 平成26年度沖縄県離島体験交流促進事業として、豊見城私立豊見城小学校(金城欣也校長)では定期船フエリーざまみで1日午後12時に5年生全員の児童達82人と引率の教諭5人の合計87が離島である座間味島入りしました。

 離島の重要性や特殊性を理解して総合的な学習に役立てることを目的に自然体験学習や地域の村人達から島について学びました。

  体験学習の初日目は午後より座間味島離島総合センターにおいて島のお年寄り達から島の話を聞き座間味村の歴史や文化にふれて離島、座間味村について知識を得ました。

 一行は二泊三日の日程で海洋体験学習や自然観察体験や自然保護活動などの学習を全員が楽しく実施した。2日目は午前中はスノーケリングを体験してウミガメなどと対面して全員が大喜び、又、海岸一帯を全員によりゴミ広いも行われました。

 阿真地区の港に近い場所にフクギの木の記念植樹も行われて記念木にフクちゃんと命名して大人になって記念木を見にくるのを楽しみしていました。

 3日目は昨日まで実施した学習の成果を3グループ全員でまとめたのを発表しました。

 その日は台風18号が沖縄近海に接近したことから定期船が3時間繰上げ出航になったことから一行は午後の12時出航のフェリーざまみで帰途につきました。

 ゴミを拾って後に集合写真です。
DSCN5878.jpg

   スノーケリングを体験しました。
DSCN5884.jpg

| ホーム |


人気ブログ

 BLOG TOP  » NEXT PAGE