パパイヤ光太郎=プロフィール=

パパイヤ光太郎

Author:パパイヤ光太郎
FC2ブログへようこそ!

ご来客数

メール

リンク

広告エリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

ユーザータグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座間味村でカジマヤーの行事がありました。

座間味
うりずんです。

 座間味 座間味村字座間味の大城澄江さんのカジマヤー(数え97歳)祝いが10月9日に、自宅近くの広場において、村民や・親戚が200人程参加する中、盛大に開催されました。

 祝賀会に先立ち午前中は、座間味地区内を道ジュネー(道路パレード)をして、住民の祝福を受けました。

 道ジュネーは自宅前を出発し、集落内の各部所の七カ所でカチャシィー等が区民により行われて賑わいを見せました。

 特に座間味港入口においては本土と外国の人達の見学もあり、同祝い行事を珍しそうに見ていました。

大城さんは元気良く会話する元気者だと住民は語っていました。

 大城さんは大正九年の生れで、3人の子供と17人の孫、ひ孫などに囲まれて日々を楽しく暮らしているとのことでした。

大城さんは沖縄戦の時は25歳で、座間味島は米軍の最初の上陸地となり悲痛の思いで戦禍を生き延びてきました。

 一時は自決を図ったが手りゅう弾が不発で失敗し、終戦を迎えました。

 戦後同じ座間味島出身の四郎さんと結婚し、夫婦ともどもに座間味村のカツオ魚の基幹産業に貢献してきました。

 その後、四郎さんが他界し、女手一つで子供達の教育、子育てに頑張ってきました。

 カツオ漁業がなくなった後、座間味小中学校の用務員となり、一家を支えてきました。

 大城さんは絶えず笑顔があり、地域の人たちに大変親しまれてきました。

 そのこともあって今回の道ズネーは上原座間味小中学校長の特別の配慮で学校グラウンド内の中もパレードが実施されて関係者たちから大変よろこばれました。
            
   琉球新報社座間味村通信員
宮里芳和

   大城澄江さんです孫と一緒に道ズネーに参加していました。
sDSCN9793.jpg

  

<< 座間味村の座間味島でのタキノボリ行事について。 | ホーム | 座間味村の慶留間島よりハイタイです。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

人気ブログ

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。