パパイヤ光太郎=プロフィール=

パパイヤ光太郎

Author:パパイヤ光太郎
FC2ブログへようこそ!

ご来客数

メール

リンク

広告エリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

ユーザータグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震の津波の影響がありました。

座間味

うりずんです。

 東北地方太平洋沖地震は日本全国を巻き込んだ大きな地震になったが座間味村も緊急に対策本部を設置して村民を避難勧告により各避難所に移動していました。

 座間味島は座間味小中学校の二階の視聴覚教室には座間味島内の老人達を優先先導案内して、阿嘉島、慶留間島の住民も避難所として指定している場所に先導されて様子を伺っていました。

 座間味村役場防災無線放送と救急車広報マイクによって村民に徹底して周知され殆どの住民が避難態勢に入っりました。

 観光客の避難もあり今回の地震の重大性を感じさせられました。

 又、海上では船の損傷を防ぐために沖合にでるなどして事故を未然に防ぐために殆どの船が島より、離れて対策を講じていました。。

 又、定期船のフェリーざまみは午後2時に出港したが客を乗船させず泊港について直ぐ那覇港沖合での待機対策がひかれました。

 高速船のクイーンざまみも午後四時二十分に出発して沖合での長時間待機とするために客は一人も乗船させず泊港沖合に停泊しました。

 昨日は津波の現象などは確認出来なかったが、今朝、早朝より、連続で約6分間隔で津波らしき現象が約1メートルちかくの満ち干が確認されました。

 観光客が5日より、座間味島にダイビングに家族5人で訪れている千葉県市原市在住の村上篤さん(18歳)「は座間味には二回目だがまさか座間味島で津波が見れると夢にも考えていませんでした。信じられない現象ですね。今日の定期船で帰る予定でしたが帰れません」と語りました。

 又、座間味村で今月よりホテルのヘルパーとして静岡県の弁天島よりやってきた鈴木はまなさん(三十二歳)「弁天島の両親が気がかりです。昨日電話はあったのですが、その後から電話が通じないので大変心配です。直ぐ帰りたい気持ちです」と語りました。

社会福祉協議会の職員座間味小中学校職員達が島の老人を誘導案内している所です。

DSCF0592.jpg

村上篤さんです。
津波にはビックリしていました。
DSCF0618.jpg

鈴木はまなさん勤務しているホテルシラハマインです。
皆でボートなどが被害に遭わないように対策していました。
座間味村は、この津波には大変な損害がありました。観光客が激減です。
でも、ザトウクジラがこれからもみれます。3月26日はクジラと花の音楽祭も行われます。
どうか座間味村におこしください。歓迎お待ちしています。
DSCF0625.jpg

<< 座間味村の戦争の話です。 | ホーム | 座間味島での戦争の聞き取りの冊子最終回となりました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

人気ブログ

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。