パパイヤ光太郎=プロフィール=

パパイヤ光太郎

Author:パパイヤ光太郎
FC2ブログへようこそ!

ご来客数

メール

リンク

広告エリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

ユーザータグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城恒彦先生の感謝の集いがありました。

座間味
うりずんです。

  宮城恒彦先生感謝の集いの話です。

 宮城恒彦先生は昭和63年より座間味村で戦争体験した村人達を対象に聞き取りを行ってきて冊子にして島の関係者に毎回300冊を制作して配布してきたとのことでした。

 宮城先生は昭和8年生まれで、戦争当時は小学校4年生で座間味村の集団自決の体験者、手榴弾で側にいた姉を亡くして悲痛の思いで戦争を生き抜いてきました。

 そのことから座間味島の悲惨な戦争の出来事を後世に残さないと行けないとの強い思いで23ヶ年間書き続けたとのことでした。

 今年23号の発刊を最後に、終わりとのことで、そのことから座間味村郷友の方達が企画して6月10日の午後6時より、沖縄県青年会館ホールにおいて約130人が参加して感謝の集いが行われました。

 又、古里座間味島では7月6日座間味村離島総合センターにおいて感謝の集いもあるとのことです。座間味村の皆さんどうか参加をして下さい。

 本日(6月16日)宮城恒彦先生に受勲の情報がはいりました。ハッキリわかりましたら皆さんお知らせいたします。

宮城恒彦先生と美代子さんの夫婦の二人です。
宮城恒彦さん激励会 (2)

会場には沢山の郷友会の皆さんが参加しました。
宮城恒彦さん激励会 (1)

宮城恒彦先生自ら一族の皆さんと合掌して古里を歌っていました。
宮城恒彦さん激励会

<< やりました宮城恒彦先生春の受勲が決まりました。 | ホーム | 座間味島で相思樹(ソウシジュ)の花が満開になりました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

人気ブログ

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。