パパイヤ光太郎=プロフィール=

パパイヤ光太郎

Author:パパイヤ光太郎
FC2ブログへようこそ!

ご来客数

メール

リンク

広告エリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

ユーザータグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリリンに逢いたいからもう27年たちました。

座間味
うりずんです。

 白い犬が海を泳いで「恋人」ならぬ愛犬に逢いにいく。

 この話題が最初に新聞(琉球新報)で通信員として私が掲載して報道されたのが1986年(昭和61年)の暮れも押し迫った12月14日のことでした。

 それ以来、「シロとマリリン」はたちまち全国愛犬家の注目を集めることになり、全国ネットのテレビ、新聞、週刊誌などの取材が座間味村に殺到したのでした。

 それからほぼ1年を経て、1988年(昭和63年)には、映画「マリリンに逢いたい」が制作されて、海峡を渡るシロとマリリンの恋物語が全国ひいては世界中に紹介されました。

 このほのぼのとした愛犬の恋物語は事実に基づいて制作され、広く国民に感動を与えるとともに、ダイビングのメッカの地としての座間味村を有名にし座間味村の観光事業に大きく貢献しました。

 私は映画企画から制作まで田中登元村長よりこのことは君が火付け役なので松竹映画会社と共々に協力をして素晴らしい映画制作して座間味村が一世一代の観光地としてなるチャンスだ芳和君頑張ってくれと伝えられて、それから約1年近く助監督的な役割をさせられたのでした。

 マリリンは、映画の制作を待たず1987年(昭和62年)8月28日に亡くなりました。シロはその後も長らく阿嘉島の中村利一さん宅で元気で生きていました。しかし、そのシロも(平成12年)11月26日、天国に召されマリリンのもとへ旅立ちました。

 そこで座間味村においては動物愛護と自然保護の精神、そして「世界の恒久平和」を基本理念とし、「シロとマリリンの恋物語」を末永く後世に伝えていくことを目的に平成13年に阿嘉島にシロ、座間味島にマリリンの銅像を向かい合った状態で建立したのでした。

 平成28年には恋物語から30年になります。私は記念事業をなにか行うことを考えています。皆さん良いアイデヤがありましたら教えて下さい。

 シロとマリリンを讃える座間味村イメ-ジソングです。
 この歌も私の企画制作です。

  歌題名 「青の楽園」

あなたが待つ あの島から 南風が吹いてくる
胸にわきあがる いとしさが
高く 雲を 超える

虹の橋を くぐりぬけて はるか とおく 進む船
真っ赤に燃える 花の影に
集う島人たち

広がる空の下(もと) 泳ぎだそう
澄みわたる 青の楽園
ああ いつの日も海は
何もかもつつみこむ 深い 愛のよう

    まだ歌詞は続きますが、ごここまで紹介いたしました。歌は癒し系のソングです。
    
  阿嘉島のシロです。座間味島のマリリンと向かい合っています。
DSCN2788.jpg

  座間味島のマリリンです。私は花の首飾りを毎月1回は交代して付け替えしています。
DSCN2815.jpg
  
  シロがマリリンに逢いに行く時に泳いで渡るときの写真です。
DSCN2819.jpg

<< 座間味村でジャズ・コンサート演奏会がありました。 | ホーム | 座間味村で無人島での原野火災がありました。 >>


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

人気ブログ

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。