パパイヤ光太郎=プロフィール=

パパイヤ光太郎

Author:パパイヤ光太郎
FC2ブログへようこそ!

ご来客数

メール

リンク

広告エリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

ユーザータグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿嘉小中学校で書道塾がありました。

座間味
うりずんです。

 座間味村立阿嘉小中学校(當銘学校長)において、那覇市内ある茅原書藝會の茅原南龍塾長と塾生達の12人を招聘して、20日の高速船クイーンざまみで座間味村阿嘉島に来村して午前10時45分より講演が小学校と中学校生徒十16人と保護者や学校教諭全員も参加して書道の講演が行われました。

茅原塾長は全員の前で実際に「夢は人を磨き育てる」の書を書いてそれを学校に寄付しました。

 講演の中でお箸の持ち方を例に「所作」の大切を話された。「聴く」「見る」「書く」ことが大事。特に聴くは、「聞く」ではなく、聴くが大事。

 児童生徒には「なぜ学校に来るの」と質問し、それぞれのこどもが答えていた。茅原塾長は「学校には自分を探すために来る。自分の得意なもの、絵でもいいし、体育でもよい。自分らしいものを見つけて、それを人の何倍も頑張ることが大事」だと語った。 

 その後、自身の大切な印鑑を子ども達に触れさせていた。又、「字が上手に書ける人は、忍耐力と集中力があり、社会に出て仕事をするときにはそれが一番大事。字を上手に書くためには、筆順を大切に、くり返し書くこと。

 また、ひらがなの基となる字源を知ると、書き順は自ずから理解し、字もきれいになる」と説明しての講演会となり、児童生徒達全員が真剣な眼差しで聞いていました。

 講演会に参加した阿嘉小中学校の皆さんです。
写真4

<< 神奈川県遺族会の皆さんにより慰霊祭が挙行されました。 | ホーム | 座間味村よりハイタイです。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

人気ブログ

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。