パパイヤ光太郎=プロフィール=

パパイヤ光太郎

Author:パパイヤ光太郎
FC2ブログへようこそ!

ご来客数

メール

リンク

広告エリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

ユーザータグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロウタドリの撮影に成功しました。本日アカショウビンのさえずりがありました。

座間味
うりずんです。
 
 本日、午後Ⅰ時15分頃私の家のとなりの山でリュウキュウアカショウビンののさえずりがありました。

 アカショウビンの来鳥は本格的な夏到来を意味するといわれています。これから暑くなるのでしょうか。

 又、2月23日午後5時10分阿佐地区大浜原でクロウタドリの撮影に成功しました。座間味村でクロウタドリの来鳥は初めてではないでしょうか。

 座間味野鳥の会メンバーも始めて確認すると言ってました。今年の夏が良いことありそうな良い年になることでしょう。

 リュウキュウアカショウビンの生態

 森林に生息するのが特徴で、カワセミとは違い水辺から離れた森林でもみられる。単独または、つがいで生活する。ホバリングはせず、もっぱら石や枝の上からえものを狙います。

 食性は動物食。渓流に飛び込んで魚やカエル、サワガニ、水生昆虫などをとらえるが、地面のカタツムリやトカゲをとらえたり、木の幹のキリギリス、セミ、バッタを横から襲うこともある。カワセミと同じように捕獲後は再び石や枝に戻ってえものをくわえ直し、頭から呑みこむ。動きの大きなえものは足場に数回叩きつけ、弱らせてから呑みこみます。

 繁殖形態は卵生。巣穴は崖や、キツツキの古巣を使って営巣する。亜種アカショウビンでは、石川県で1988年にスズメバチの古巣を使った営巣記録が報告されています。

 亜種リュウキュウアカショウビンでは、タカサゴシロアリが樹上に作る球状の巣に穴を掘って営巣した記録[4]、石垣島と西表島で、発泡スチロール製の人工営巣木で繁殖した記録があります。

 日本での産卵期は6-7月、産卵数は5個ほどである。

オスは朝夕や曇りの日に「キョロロロロー…」と尻下がりの声でさえずる。

DSCN2375.jpg



 2月23日の午後5時15分頃、座間味村の阿佐区大浜原地区において野鳥のクロウタドリの確認がされました。

 その地域はよく迷鳥が飛来する場所で座間味野鳥の会のメンバーによって確認されたが座間味村内でクロウタドリの確認は初めてのことでした。

 最近においてはヤツガシラも同じ阿佐区内で確認されていました。

 これからの座間味村は数多くの野鳥が飛来することから林道の散策は楽しみだと座間味野鳥の会は語っていました。。   
   クロウタドリです 平成26年2月23日  午後17時15分 大浜原で撮影
クロウタドリ (5)






  

<< 座間味島郷友会の新年会がありました。 | ホーム | 座間味村で産業まつりがありました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

人気ブログ

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。